はてなブログからWordPress「SANGO」に引っ越した理由と2つの感想

はてなブログからWordPress「SANGO」に引っ越しました

どうも、はてなブログからWordPress「SANGO」へ引っ越したコトノハです。

SANGOにお引越しして1週間ほどたちましたが、もう満足感しか感じていません。おしゃれな学生寮から、雑誌で見た憧れの一軒家に引っ越したような感覚です。

もちろん寮には寮の、一軒家には一軒家の良さがあります。

この記事でははてなブログからWordPress「SANGO」に移行した私が感じたことをそのままに書きました。

カスタマイズやデザインなど、SANOGOが気になっている人や、はてなからWordPressへの移行を考えている人の参考になればいいなと思います。

MEMO
私の知識はCSSをコピペしてプロバティと値をいじくって自分のブログに合うデザインにすることくらいが限度です。そんなブロガーが書いているということでお読みください。

WordPress「SANGO」へ引っ越した理由

一番の理由はSANGOをつくった「サルワカ」さんのファンであり、サイトを見るたびにそのデザインの見やすさをどうにか自分のブログにも活かせないかなと考えていたためです。

ブログを書いていると、SNSの拡散力と活発なコミュニティが特徴的なはてなブログと、どこまでも自由だがすべては自分次第なWordPressのようなことを聞くことがあります。

ブログの記事が50を超えPVも1万を超えたタイミングで「SANGO」がリリースされたことをきっかけに、WordPressに対する好奇心がおさえられなくなりました!

好奇心が抑えられなくなったという意味では、はてなブログの無料版から有料のPROへ移行したときと似ています。どうやら定期的に新しいことをやりたくなってしまうみたいです。

私がはてなブログproに移行したきっかけと、やったこと8つ

SANGOのここがすごい!

はてなブログと比較すると、格段に使いやすくなりました。気になったところはすぐに改善でき、ブログの執筆に集中できます。

やりたいことがすぐにできる!

SANGOはやりたいことがすぐにできる

カスタマイズのひよっことして一番ありがたいのが、公式サイトを見ればやりたいことをどうやってやればいいのか、懇切丁寧に書いてくれている点です。

参考

SANGOカスタマイズガイドサルワカ

例えば「カテゴリを階層化したいな」と思ったら、公式サイトを開いてサイト内検索で「カテゴリ」と入力します。それだけでやるべきことがすべてわかります。

複数の記事が出てきても、順番に開いてページ内検索(コマンド+F)を使えば確実にわかります。

はてなブログ時代と比べると、やりたいと思いたってから実際のデザインに反映するまでの時間が比べるのも馬鹿馬鹿しいくらい短縮されました。

どのカスタマイズ記事も、初心者のことを考えて書いてくれており、少し高度な内容であっても、必ず前提となる知識が理解できる記事のリンクを置いてくれています。

ブログを続けていくうちに、よりネットの世界が身近になっていくような感覚があります。ぜひ公式サイトからどんなことができるのか実感してみてください!

参考

WordPressテーマ「SANGO」20の魅力SANGO

アイキャッチ画像を考えるのが楽しい!

SANGOはアイキャッチ画像をつくるのがたのしくなる

「SANGO」はGoogleの提唱するマテリアルデザインが採用されています。

ユーザーに寄り添い理路整然としながらも、さりげなく個性をだすことができるようなおしゃれなデザインです。

おしゃれなデザインにはおしゃれなアイキャッチ画像が似合います。もともと記事を書いてから、それにぴったりなおしゃれなアイキャッチ画像をつくるのも好きな作業だったんですが、「SANGO」にしてからより一層楽しくなりました!

ODAN」でもとになる画像をさがし、「CANVA」で編集する作業が楽しくて仕方ないです。

最近アイキャッチ画像のために記事を書いてるような気もします笑

WordPressで「SANGO」おすすめです

「SANGO」にすることで、ブログという趣味がより楽しくなりました。

私と同じように、カスタマイズに時間をかけてイライラしちゃうのではなく、時間をかけずに思い通りのカスタマイズができて、あとは書くことに集中したいという人にはおすすめです。

巷の「SEOに強い」とされるテーマで実施されている有効なSEO対策は基本的に実施済みです。それらのテーマが本当にSEOに強いのであれば、SANGOのSEOも強いと言えるでしょう。とはいえ、テーマでできるSEO対策というのは限られています。価値のある記事を書かなければ、検索順位は上がりません。これはどのテーマでも共通です。個人的には、「長居したくなる魅力的なデザイン+良質なコンテンツ」こそが最強のSEO対策だと考えています
WordPressテーマ「SANGO」20の魅力 | SANGO

「SANGO」の作者さんの言葉通り、魅力的なデザインをいただいたので、あとは良質なコンテンツを どんどん書いていきたいと思います!