【小説家になろう】『特三捜救 異世界召喚者奪還物』レビュー 大切な人を取り戻す

小説家になろう 特三捜救 異世界召喚者奪還物レビュー

どうも、小説家になろうファンのコトノハです。

小説家になろうに掲載されているweb小説「特三捜救 異世界召喚者奪還物」を紹介します。

異世界召喚と聞くとロマンがありますが、望まぬまま連れ去られた家族からしてみるとなんとも理不尽なものです。そんなあたりまえの日常を奪われた側が理不尽をくつがえすべく立ち向かっています。

ぜひどうぞ!

あらすじ・基本情報

『奪われた死』編

人にとっての終着点である死。
だがそこにたどり着けない者の魂を救う為、残されし者が奪われた終わりを取り戻すため。
奪還者楠木は、死の概念が無い世界 『楽園』と呼ばれる異世界へと旅立つ。

今から開幕する舞台は異界へと召喚されし勇者、聖女達の物語ではない。
当たり前であった日常から大切な者達を異界へと連れ去られた者達の物語。
彼等の気持ちを受け取り奪われた者達を奪還するために、数多くの異世界を駆け回る公務員達の物語。
すべての世界へと繋がる道の始まりの場所。日本国異界特別管理区第三交差外路が所属組織『特殊失踪者捜索救助室』
通称『特三捜救』の物語である。

  • 作者:タカセ
  • 更新停止 2章まで完結済み
  • ファンタジー、ローファンタジー、異世界召喚、異世界転生、奪還

「特三捜救 異世界召喚者奪還物」レビュー

胸アツです!

小説家になろうには異世界召喚や異世界転生をテーマにした作品が数多くあります。しかし異世界に召喚されてしまった者を取り戻すことをテーマにした作品はほとんど見かけません。「特三捜救」はそんなニッチなツボをこれでもかと満たしてくれる小説です。

異世界へ召喚された勇者や聖女。

彼らの影には、あたりまえだった日常から大切な者たちを連れ去られた者たちが存在します。それを捜索するのが、日本国異界特別管理区第三交差外路が所属組織『特殊失踪者捜索救助室』、通称「特三捜救」。もうこの時点でカタルシスがたまりません。

大切な人を取り戻そうという執念、理不尽に対してはさらなる理不尽をたたきつける爽快感、かんたんにはわりきれないそれぞれの事情、いろんな思いがまじりあって読み応えのある作品となっています。

さらに回収に向かうのは国家公務員。アウトローがその職務から公的機関に所属するってなんかかっこよくありませんか。

連載中となっていますが、「山奥の名医」編と「記憶なき奪還」編は話として完結しています。よくある異世界転生ものとは少し違うおもしろさを味わっていたいときにぜひ読んでみてほしい作品です。

こんな人におすすめ!

  • 異世界転生テンプレに飽き気味の人
  • 設定にロマンを感じる作品が好きな人
  • カタルシスを求める人

「特三捜救 異世界召喚者奪還物」を紹介しました。

作者であるタカセさんは他にも宇宙人とVRゲームを元にした「Planetreconstruction Company Online【VRMMO運営側+惑星改造企業再建】」など魅力的な作品を執筆しています。

一味違うおもしろさをぜひ味わってみてください。

次に読む小説に困らなくなるWeb小説ファン必携の書

コメントを残す