辺境の老騎士漫画版のたまらない魅力を10個のコマで伝えたい

辺境の老騎士漫画版をアルのコマ機能で紹介する

Wiz(@kotonoha_soraku)です。ヤングマガジンサードで連載中の「辺境の老騎士」がおもしろいです。

読めば読むほど老騎士の旅にひきこまれ、続きが待ちきれないほど。このおもしろさを伝えたいなと記事を書くことにしました。

アルというマンガアプリでコマの投稿ができると知ったので、ネタバレにならない範囲でコマから魅力を伝えたいなと思います。

気になったコマがあったら、ぜひ読んでみてください!

辺境の老騎士って?

かんたんに説明すると…。

大障壁に囲まれた世界で、壁の切れ目から侵入してくる魔獣を阻む役目を負ったテルシア家に長く仕えた老騎士バルド・ローエンが、他家の介入を阻止するため主家を離れ旅にでかけます。

老騎士、つまりおじいちゃんです!

このおじいちゃんがとても魅力的な人物で、騎士としての礼節を備え、一途な想いを抱えています。

いつ死ぬかと旅立った彼の冒険が、思いもしない物語をつむいでいくところからお話ははじまります。

原作は小説家になろうで連載していた小説です。読んだことのある人だからこそ感じるおもしろさ、読んだことない人だからこそのおもしろさが同居しています。

そんな「辺境の老騎士」のたまらないおもしろさを、10個のコマから見てみます!

グルメな老騎士がかわいい!

辺境の老騎士の魅力の一つがグルメ。たくさんの食材と料理が出てきます。

グルメ騎士の食にかける熱い思いが随所に見られ、幸せな気持ちになりました!

美味しいものを口にした、この幸せそうな表情。

美味への期待に♡がついちゃう!

ただよう湯気に見ているだけでお腹が空いてきます。

戦いへ挑むグルメ騎士の心境。

わかる!めっちゃわかるけども、マントをばさっとひるがえすかっこよさとのギャップに笑いがこみあげてとまりませんでした。

相反する感情のギャップ

普段は美味しいものに目がなく、おちゃめな老騎士。

しかし、ひとたび譲れない思いを胸に戦う際は圧倒する存在感を放ちます。

辺境の地で、生き死にをあたりまえとしてきた老騎士の貫禄。ゆるいだけでも、厳しいだけでもなく、酸いも甘いも噛け分けてきた彼の生き様を示しているようです。

可憐なヒロイン

本作のヒロインであるアイドラ姫。バルド・ローエンが仕えるテルシア家の姫です。

バルドとは姫が子供の頃からその身を守護し、言葉では語りきれない、そんな間柄です。姫と老騎士をめぐる事情が、物語の歯車を動かしていきます。

そんなアイドラ姫、すさまじく可憐です。

子供の頃はお転婆で、バルドと一緒に森を駆け回っていた姿にきゅんときました。尊いです。

おいしいものへの、期待あふれるきらきらした表情がかわいい。

騎士の仕草と言葉遣い

人の仕草や言葉遣いが、身に染みわたるよう。

無理やりな感じはみじんもなく、積み重ねてきた生き方がこぼれでたるような物語の運びと絵柄がすてきです。

原作小説の言葉、雰囲気がマンガという形態と深くシンクロしていると感じました。どちらが欠けても、このたまらなさは生まれなかったのだと思います。

老騎士と旅する漫画

10個のコマから「辺境の老騎士」のおもしろさを紹介しました。

違う土地を訪れ、異なる文化を知り、美味しいものを食べ、人と関わる。まるで漫画という形の新しい旅行記のようです。

小説でも漫画でも、好きな方からどちらとも楽しめます。未読の人はぜひチェックしてみてください!

関連 辺境の老騎士(小説版)

コマの埋め込みで使ったアルでは登録した作品のコマ投稿機能があります。その機能を使って、元の漫画を読みたくなるコマを9つ選んでみました!

アルのコマ投稿でマンガが読みたくなるコマアルのコマ投稿から選んだ思わずマンガが読みたくなるコマ9選

辺境の老騎士を含む、小説家になろうのおすすめ作品をこちらの記事で紹介しています。ファンタジーからヒューマンドラマ、文芸、歴史、SF、推理、恋愛までカテゴリーごとに紹介しています。ぜひ読んでみてください。

読んでよかった!小説家になろうおすすめ作品読めてよかった!本当におもしろい小説家になろうおすすめ作品60選

短編もカテゴリーごとに紹介しています。

小説家になろうおすすめ短編作品小説家になろう好きにおくるジャンル別おすすめ短編小説40選

コメントを残す