QUEST MILE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QUEST MILE

映画やWEB小説、ふと気になったことなど気軽に書いていくブログ 考えたで終わらない。言葉にしていこう。

みどりの日に観たい緑っぽいおすすめ映画はこれだ!

 

f:id:kotonoha_sorakuni:20170504210014j:plain

 

どうも、コトノハです。本日5月4日は「みどりの日」ですね。

 

GWという感覚のほうが強いせいか、祝日のなかでは体育の日(10月9日)なみに地味な感じもします(笑)

 

そんな日だからこそ、映画を観るというのも一つの手かもしれません。みどりの日だからこそ観たくなる緑っぽいおすすめ映画を紹介しますよ!

 

 

 

中身がみどりなおすすめ映画

 

そもそも「みどりの日」ってどんな祝日なんでしょう。みんななんとな~く自然について考える日、みたいなイメージがあるような気がします。どうなんでしょう。

 

自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ

内閣府ホームページより引用)

 

法律にはこのようにあります。もともと自然を愛した生物学者であった昭和天皇の誕生日である4月29日だったんですが、その日が「昭和の日」になったために現在の5月4日になったそうです。

 

なんだか成立からして、地味な感じのみどりの日です(笑)

 

それはともかく、イメージ通り「自然」がキーワードになってます。はじめは中身がみどりな、おすすめ映画を紹介していきますよ!

 

 

もののけ姫

 

もののけ姫 [DVD]

 

まずずばりとくる作品が「もののけ姫」。自然と人間、文明、共生など語りきれないほどの中身がつまっている映画です。

 

この作品でとくに注目したいのは、描かれている自然が人間の手がはいったものではないことです。現在では人間が管理しているものでも、「自然」とよんでいます。けれども作品の中では、人間の手が入ってない本来の自然が存在しています。

 

そこは明るいみどりではなく、暗く恐ろしいみどりです。

 

これを頭にいれておくと、自然の化身としてのシシ神や人間の業がまた違った目線で見れるんじゃないでしょうか。一方でアシタカが言った「生きろ。」という言葉もあり、本当にたくさんのことを考えさせられます。

 

観たことない人はもちろん、観た人ももういちど観てみてはどうでしょう。以前とはちがった感想をいだくかもしれませんよ。

 

 

 

となりのトトロ

 

となりのトトロ [DVD]

 

お次は「となりのトトロ」。小さい頃からなんども観たことがある人もいるかもしれません。

 

サツキとメイ、そしてトトロ。なつかしさと同時に、もうこんな世界ですごすことはできないのかなと、どこかあこがれを感じてしまいます。

 

さきほどのもののけ姫とは違い、こちらは人の手の入った里山が舞台となります。まさに日本の原風景といった感じでしょうか。明るく、人と自然があたりまえのように一緒にくらしている世界です。

 

そもそも現在の「自然」という言葉は、明治時代に西洋から入ってきたそうです。人間と自然を対立するものとして考える西洋とは異なり、日本ではもともとそれらをわけて考えてなかったんですね。

 

また美術監督の男鹿さんをはじめとしたスタッフは、雑草一本からでも詳細にスケッチして、作中の里山をかいていきました。トトロのクスノキや、バス停のアジサイなどじっくり見ていくとたくさんの植物があります。こうしたリアルな描写も、なつかしさにつながっているのでしょう。

 

こうしたことを頭にいれて観てみるとまたちょっと違った、視点からトトロを考えてみることができるかもしれませんよ!

 

ちなみに宮崎監督の願いは「となりのトトロ」をみて「本物の自然」へ興味がうつっていくことだったそう。トトロを見て、こどもの日は自然にふれてみるのもいいんじゃないかな。

 

 

タイトルがみどりなおすすめ映画

 

つづいてはタイトルに着目してみますよ。といっても、タイトルにみどりがはいっているかどうかだけ(笑)

 

数はなさそうだけど、そのなかからおすすめ映画を紹介していきます!

 

 

グリーンマイル

 

グリーンマイル (字幕版)

 

トム・ハンクス主演、スティーブン・キング原作のヒューマンファンタジー映画。刑務所での看守と死刑囚のお話です。

 

グリーンマイルの由来は、獄舎から電気椅子へとつながる緑の道です。この道を通るとき、死刑囚は死刑のときをむかえます。

 

3時間という長さですが、それを感じさせない密度がある作品です。これもなにかの縁。みどりの日に観てみてはどうでしょうか。

 

 

 

グリーン・ランタン

 

グリーン・ランタン (字幕版)

 

DCコミック原作のヒーロー映画!グリーンランタンから注入されるリングのパワーで戦う宇宙警察のお話。

 

2011年にライアン・レイノルズ主演で映画化しましたが、あまり評価はよくなかったみたい。けれども自分はけっこう好きです。

 

ヒーロー映画は話の展開も大事だけど、ヒーローとしての能力も大事だなと思っていて、グリーン・ランタンはその点つぼにはまりました。細かいことは気にしないという人は、きっと楽しめると思います。

 

なによりコスチュームは緑だし、能力使うときは必ずきれいなみどりの光が出るしで、みどりの日に一番ふさわしいヒーローといえるんじゃないでしょうか(笑)

 

 

ポスターがみどりなおすすめ映画

 

最後はポスターがみどりなおすすめ映画ですよ。みどりっていったらなんでしょうか。

 

 

マーズ・アタック!

 

マーズ・アタック! (字幕版)

 

見事にみどりです。これがベスト・オブ・みどりなんじゃないでしょうか(笑)

ほかに思いつく作品があれば、コメントでこそっと教えてください。

 

内容ははちゃめちゃです。ポスターにうつってるやつが攻めてきます。最初は笑えばいいのか、怖がればいいのかわかりませんでした(笑)

 

観たあとにティム・バートン監督ってことを知ったんですが、「ああ~」って声しか出ません。ハマる人はめっちゃおもしろいと思いますよ!

 

 

インクレディブル・ハルク

 

インクレディブル・ハルク(字幕版)

 

みどりといったらこいつですね。ハルクです!

 

アベンジャーズつながりの「インクレディブル・ハルク」と単体映画の「ハルク」と2つあるんですが、自分はこちらのほうが好みです。

 

ハルク誕生を味わえます。いやー、そもそもハルクってなんでみどりなんですかね。普通にうけいれてましたが、なんか理由あるのかな。そんなハルクのみどりっぷりが楽しめる作品ですよ。

 

 

まとめ

 

みどりの日ということで、みどりっぽいおすすめ映画を集めてみました。参考にしてみてください。ほかにこんなみどり映画があるぞということがあれば、ぜひコメントで教えてください。

ではよい映画ライフを! 

 

 

↓ 現在読者募集中!